- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト東京WEST

ガラス撥水加工の下地処理について

ボディーと同様に窓ガラス撥水加工も下地処理が重要です。専用の機器と研磨剤を使用し、シミや油膜を除去してからのコーティングになります。


窓枠などをマスキングした後、端など専用機器が使いずらいところを専用スポンジとクリーナーで
油膜や雨染み等落としていきます。


gh3.jpg

gh4.jpg


専用機器で全体をで汚れ等除去していきます。


gh5.jpg

gh6.jpg


雨染み・水染み(イオンデポジット)が多く付着している場合には別途除去料が必要になることがあります。(before)


u1.jpg

u2.jpg


(after)


u4.jpg

u6.jpg


下地処理を行うことで、撥水剤の効果も上がります。(汚れ・染み等の付着軽減・撥水力の持続など)

撥水加工後は、高い撥水性能により、雨天時の視界も良くなりますので、安全面の観点からもお勧めのオプションコースとなっております。

ご質問・お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

トピックスのご紹介